夏はやはり沖縄でバカンス

9aa7f82989fa0f1920934ebd2cfbd1a9-300x225
この夏どこかへ行けるとするなら皆さんはどこを選択するでしょうか。
海外?国内?それとも地元をぶらぶら?それぞれ時間的な問題や金銭的な問題などあると思いますのでそれぞれ自分の都合にあった場所を選択することでしょう。
国内で人気が高いところと言えばやはり北海道か沖縄の二つに絞られると思います。
東京も多いのですが、「夏」と言う事に限定して言いますとやはり沖縄が断トツナンバーワンのようです。
青い空、青い海、どこまでも続く白い砂浜、やはり自然の素晴らしさを感じるのでしたら海を見るのが一番なのです。
また、本島だけでなく通な方になってくると慶良間諸島や先島諸島に行く方も多くいらっしゃいます。
もちろん日本人客だけでなく、外国人の方も積極的にそうした諸島のほうに赴きダイビングなどを心行くまでに満喫されているようです。
本島のほうも北部のほうまで行けばまだまだ海の透明度に関しては本土に比べても比べ物にならないほどきれいなのですが、それでも先島や慶良間の海には勝てないという事もあり本当に海を体感したいという方でしたらやはりそちらまで足を向ける事をお勧めします。
とくに世界にも認められている慶良間諸島の海と言うのは世界有数のリゾート地となっていますので一度は沖縄観光沖楽を使って足を運んでみたいところの一つです。
ショッピングや色々な所を見て回る観光も確かに楽しいですし、外せない出来事の一つではありますが、一日中ぼーっと海を眺めているというのもなかなかできない事ですので贅沢な一日を過ごす事ができると思いますよ。
むしろそのような過ごし方のほうが非日常を味わう事ができますし、疲れなどにもならず気力、体力ともに充実したものになると思います。
ただ本島にしろ先島や慶良間にしろまだまだ交通インフラが整っていないという点もあり、
旅をするものに対して決して移動手段が整っているとはなかなか言いきれないところもあります。
英語に堪能なスタッフはまだまだ少なく、それなのに外国語に対応する看板も少ないという外国人にとっては少し戸惑う事も多いでしょう。
これからますます触れる外国人客にまた来たいとリピートしてもらうためには鉄軌道の導入はもちろんのこと、外国語の習得、そしてあんない掲示板の多言語化表示を積極的に推し進めていかなければいけないと思います。
特に交通機関やホテル、食事をする所は一日でも早く対応していかなければいけないですし、それができて初めて安心して楽しめる環境が出来上がると思います。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

what's new